車売り初挑戦

各業者間で車の査定額が変わる理由

愛車を売るとき各業者間で査定額が結構変わることは
みなさんご存知かと思います。
1、2万円の差なら目を瞑れる程度ですが、
車種によっては10、20万円というのが結構当たり前のようにありますので、
この差はとても目を瞑ることができません。

 

車の査定額というのは中古車市場の価格を元につくられるものですが、

 

なぜこれほどまでに差がでてくるのでしょうか?

 

基準が中古車市場の価格なら各業者間あまり差がでないはず。
なぜだろう。
と思った方も多いと思います。

 

このことに関して詳しく書いていきたいと思います。

 

車を買い取った後は?

 

まず各業者間で、お客さんの車を買取したあとどうするのか。
というのが違います。

 

そのまま店舗で販売する業者もいますし、
業者用のカーオークションに出品する業者もいます。
または海外へ輸出する業者もいます。
輸出狙いでの売却は下記サイトがおすすめ
ジムニー 買取

 

この買取したあとの対応で、査定額が変わってきます。
各業者それぞれこの対応が違うので、
査定額が変わってくるんですね。

 

海外へ輸出したほうが高い利益が出せる車種ですと、
当然海外への輸出も行っている業者へ売却した方が高い査定額をつけてくれます。
逆だとあまりいい査定額はつきません。

 

そのほかにはバックオーダーも関係していますね。
車を買いたいというお客さんから業者に予約が入っていて、
その車種とあなたの売りたい車の車種がマッチしたときは結構いい査定額がつきます。

 

だって確実に利益にできるんですから、
買取業者もあなたを逃がそうとは思いません。
無駄な交渉もしてこないでいきなり限界価格をつけてくるでしょう。

 

以上が各業者間で査定額が違う大きな理由です。

更新履歴


このページの先頭へ戻る